FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ素敵ーー!

日本の倍ほどの国土を持ちながら、人口は日本の約半分。
そのせいか、どこか穏やかな、ゆとりのある人々、建物、風景。
そんな国、トルコに来てるよー!

今までの国では、結構一つの街に長めに滞在ってパターンが多かったんだけど、トルコは動いたねー。
どの街にも最長で2泊しかしてないんじゃないかな?
だから結構観光しました。
インドでゲットしたトルコの[地球の歩き方]見ながら、興味がある所はだいたい行ったね。

それにしてもこの国の風景は壮大だね。
CIMG1992_convert_20081125031516.jpg

だだっ広い荒野に街が点々とあって、それを繋ぐ道路から見える景色には、ただただ何もない大地が広がってるだけで。

そんな中で見る夕日は特に綺麗だったなー。
CIMG1988_convert_20081125031431.jpg

CIMG2036_convert_20081125031715.jpg

CIMG2061_convert_20081125031750.jpg


何もない地平線の向こうに沈んでいく夕日と、真っ赤に染まる空や大地。
自然×自然。
こういうのってつくり出せるものじゃないし、その時、その場所でしか見れないものだと思うんだよね。
人間にはつくり出せない凄さがあるよね。

でも人間×自然も凄いものをつくり出すんだね。

トルコの岩は柔らかいらしくて、所々に岩肌を掘って、住居だったり教会だったりをつくってるんだけど、それを地下に造り上げた地下都市は圧巻だった。
普通の街の地下に、もう一つ街があった。
もう完全にドラクエの世界!
CIMG1995_convert_20081125031644.jpg


階段を下りると、まるで迷路のように入り組んだ道と、たくさんの部屋があって。
地下にあるもんだから、方向感覚も働くなくなってすぐ迷うし、こんなに掘ったの?ってくらい深くいってるし、途中には敵の侵入を防ぐためのでっかい岩なんかもあったりして。
ゲームの中だけの世界だと思ってた世界が、目の前に広がってて、凄くドキドキして興奮したね。

そしてトルコは飯がうまい!
何食べてもうまかったねー。
ケバブはもちろんだけど、お気に入りはサバサンド。絶品!

そしてそしてトルコは人が良いねー。
ウソつき大国インドから来たから余計にそう思うのかもしれないけど。
CIMG1971_convert_20081125031350.jpg

ブラブラしてるとよく話し掛けられて、お茶ご馳走してもらって、ちょっと話したらバイバーイみたいな。
インドだったらちょっと話したらそのまま土産物やに連れていかれちゃうからね。

でも一つの街に長居することがなかったから、なかなか深くというか、面白い絡みができてなくて、ちょっと寂しいなーって思ってたところに!

今このブログを泊まってる宿のパソコンでかいてるんだけど、そこの宿のスタッフとその仲間たちと一緒に、これから深夜サッカーをやりに行くことになったー!
大好きなサッカーが久々に出来るのも嬉しいし、何よりもトルコ人たちに交じってプレーするってのがたまらなく楽しそうだよね。
こんなこともあろうかと、日本代表の応援タオルを持ってきてよかった。
よーし!日の丸頭に巻いて、ここは日本代表として強い気持ちでいくぜーーーー!
スポンサーサイト

ちょこっとロンドン

いよいよアジアを脱出してトルコへ!

と、その前に。
航空券の関係でロンドン経由だったんです。

最初、ロンドンなんて物価高いから貧乏バックパッカーの俺には無理だと思って、空港から出ずにトルコ行きのフライトを待とうと思ってたんだけど、ロンドン着が昼前で、ロンドン発が次の日の朝。
さすがに空港でこの時間を潰すのはもったいない&つまらん!ってことで、地下鉄乗って街まで出かけてきました。

いやー、ロンドンって素晴らしくイケてるね!
電車の窓から見える田舎の方の家々も雰囲気あってかっこいーし、中心地のSOHOあたりも洒落れた建物ばっかりだし。すっかり紅葉も始まってて、久々に季節を感じれたのもよかった。 街歩きしてるだけでかなり楽しかった。
で、イギリスと言えばビートルズ。ビートルズと言えばジョンレノンでしょっ!てことで、普段街歩きの時はipod聞かないのに、この時ばかりは聞いちゃった。そしてこれがまたばっちりハマるんだ!今まで聞いたジョンのなかでも、最高にシビれるジョンだったね!


         CIMG1876_convert_20081117040123.jpg 昼のロンドンと

         CIMG1909_convert_20081117040303.jpg 夜のロンドン。




そしてイギリスと言えば大英博物館。
これくらいのマイ情報はあったから、空港にあった無料情報紙みたいなのを片手に行ってきたよ。
時間がたっぷりあった訳じゃないから駆け足見学になっちゃったけど、それでも十分に楽しめたなー。よくもまぁあれだけの各国の重要文化財が集まったもんだよね。あそこをじっくり時間かけてみるだけで、ちょっと世界一周した気分にでもなっちゃうんじゃないだろうか。しかも入場料無料。素敵だ。。。

        CIMG1904_convert_20081117040222.jpg
 
       建物それ自体が素敵だった。


そしてさらに!イギリスと言えばパブでしょー!そしてギネスビールでしょー!ってことで、ばっちりこっちも攻めてきたよー。
いかにも!ってパブをみつけて、ラグビーのテレビ中継に大興奮してる地元人たちにちょっとびびりながらギネスをいただきました!いやー、うまかったねー。あの雰囲気がそうさせるのか、日本で飲むのとは全然違った味に感じたね。さすが本場。お見事でした!

    CIMG1905_convert_20081117040243.jpg
 
    お店の中ではロンドンっ子が大騒ぎ。



で、飯はレストラン入ったら高いから、スーパー見つけたんでそこで買うことに。
なんと寿司詰合せが売ってるじゃないの!旅に出てから、どんなにお腹の調子悪くても寿司だけは常に食べたいと思っていたから、迷わず即買い! かなりテンション高めにいっただきまーす! 。。。 まぁマズいことマズいこと。シャリが恐ろしくマズい。あんなの売ってたら、日本の寿司を食べたことのない人に誤解されちゃうから、いっそ売らない方がいーと思うんだが。。。

    CIMG1910_convert_20081117040326.jpg
     美味しそうでしょ?見た目は。



そんなこんなで、結局6時間くらいかな? かなりのショートステイだったけど、かなりの充実感をもったロンドン観光を終えて、空港に戻ってきました。
でもやっぱり物価は高いね。インドなら3,4日はもつようなお金が飛んでいきました。

そして、寒さと椅子のベッドでほとんど眠れずも、無事にトルコに着きました。

インドから来たせいか、ロンドンでもそうだったけど、街が必要異常に綺麗に見えるなー。

さてさて、この国ではなにが待ってるのかなー?


ガンガーにて想う。Part2。

ナマステー!
久しぶりのブログです。
今日も元気にインド人と戦ってるよー!
ってことで、まだインドはバラナシにいます。

CIMG1679_convert_20081106180136.jpg
おい!牛!!通れないだろーがー!!!


んー、いろいろあったなー。何から書こうか。。。

まずは旅学ボランティアから。
インドの恵まれない子達の為に学校を造ろう!ってことで、日本人ボランティアによって、今年の6月くらいかな?に造られた学校がバラナシにあって、今は二階をゲストハウスにしようと、またボランティア活動をしてて。
もともと存在はしってたから、タイミングが合えば参加しいたなーって思ってたんだけど、まんまとタイミングが合ったから参加してきました!
一階の学校はもう完成してるから、俺らが二階で作業してる時も下では授業してるんだけど、もうみんな最高に可愛いんだ!みんなで英語の1~100までを大合唱したり、日本語の単語を習ってたり、すごくPeaceな雰囲気で。
まー色々問題もあるみたいだけど、子ども達のあの極上の笑顔や、キラキラした目をみたら、もうそれだけでこの学校を造った意味はあるんじゃないかなーって思うな。
あと、このボランティアは高橋歩さんが中心にやってるんだけど、俺はもともとこの人の考え方とかに凄い共感を持ってて、リスペクトしてるから、その人と一緒に働いたり、なんだかんだ話できたのも良かったねー。

あとはお祭りも面白かったな。
それは火のお祭りらしく、その日はいたる所で花火が打ち上がるんだよね。
俺らも数日前から仲良しインド人たちと盛り上がってて、値段があがる前に大量の花火を購入して、気合い入れて参加してきたよ!
いろんな所でそれぞれのグループが花火をしてるんだけど、とにかく俺らが一番目立とうぜ!ってことで、大量の花火を惜しげもなくバンバン打ち上げまくって、かなり楽しかった!気付いたら周りにギャラリーがたくさんいて、歓声とかあがったりしだして、もう満足満足。終わったあとみんなで飲みにいった時飲んだビールは最高にうまかったねー!
あーそういえば、かなり危険な花火が一つあったんだけど、それは花火というよりダイナマイト。最初それを見たときは、失敗作なんだと思ったくらい、ただ爆発するだけ。綺麗でもなんでもない。凄まじい音と風圧と共に、ただ爆発するだけ。常識の範囲内でそいつから離れても、その音と風圧でかなりの衝撃をうける!危険すぎるだろ。 そんなダイナマイトを花火として売るインド人。あれは危険だよ。

あとはトランプの大富豪したり、ガンガーの上でボートに乗りながら飲んだり、美味い店探ししたり、ガンガーの向こう側渡ったり、映画みたりしながら毎日過ごしてたよ。
あと、この旅に出て初めて体調を崩した。こんなに人は冷や汗を掻くものなのかってくらいの冷や汗を流しながら、2時間おきにトイレで苦しんでた。まー2日くらい苦しみまくったらすっかりよくなったから良かったけどね。原因は何だったんだろうか。。。


インドは知っての通り凄く広くて、その地域で全く雰囲気が違うらしいから、一概にインドは好きだとか、嫌いだとか言えないけど、バラナシは好きだなー。特に夕方のガート(ガンガー沿いにある階段状になってる所)の雰囲気が大好き。 みんなが涼みに出てきて、それぞれが思い思いの場所に腰をおろして友達とのおしゃべりを楽しんでて。 今の日本だったら涼みに外に出るなんてないし、暑かったらクーラーのスイッチ入れて部屋でテレビでも。なんてなるけど、昔の日本もこんな感じだったのかなーって思いながら、なんかそういう近所付き合いが凄く羨ましく感じたなー。
あのズカズカ人の領域に入ってくるインド人たちにも慣れてきて、最近ではすっかり平気になってきたしね。それでもまだまだブチ切れることもあるけどね。

そんな感じですっかりバラナシも堪能したから、次こそはトルコに飛びます!
でもなんか瞑想に関する情報をゲットして、これがまた面白そうなんだ。10日間誰とも喋っちゃいけないし、目も合わしたら駄目なんだって。なんか悟っちゃいそうじゃない?それは世界中でできるんだけど(日本では京都にあるんだって)、なんか本場インドでやりたい気もするしなー。
んーー、どうしようかしら。。。

CIMG1761_convert_20081106180354.jpg
ボートの上で乾杯!揺れで必要以上に酔うんだけどね。ただ雰囲気は最高に良いね!!

    CIMG1731_convert_20081106180259.jpg
花火、花火!今年は日本の夏を過ごさなかったから、ここでしっかり埋め合わせ。

CIMG1764_convert_20081106180456.jpg
しっかり前を見て授業に参加しなさーい!椅子や机も全部手作り。この学校がこの子達の未来に、明るい光となってくれればいーな。

    CIMG1785_convert_20081106180608.jpg
夕日に染まるバラナシの街。何回見てもこの街並みは飽きないんだよね。かっこいーなー。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。