FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆明っしょ!!

無事昆明着いた!! CIMG0655_convert_20080729185604.jpg

大興奮!!CIMG0682_convert_20080729185711.jpg

象にみえるでしょ?CIMG0689_convert_20080729185800.jpg

青空も綺麗過ぎ!!CIMG0696_convert_20080729185842.jpg

ヘナチョコ太極拳。CIMG0702_convert_20080729185928.jpg

中国の北の方に比べて、かなり涼しいぞ昆明!さすが'春城'の別名で呼ばれてるだけあるよね。
雲南省、昆明といえば石林!ってことで行ってきました、世界遺産、石林。
もう本当に凄い!これがその昔は海底にあったなんて信じられない。人の手じゃ絶対につくり出せない、圧倒的な自然のパワーがあった。
昆明来てからずっと雨でグズグズだったんだけど、この日は晴れ男っぷりを発揮して、完璧な青空!!これがまた石たちを綺麗にみせてくれて、もうメロメロでした。写真の象っぽい石わかる?これも自然にできたものなんだって。
海底から地殻変動で盛り上がって、それから浸食、風化していって。。。なぜかナウシカを連想させられた、かなりナイスな場所でした!!!
あと、気合いの早起きをして、太極拳してきましたー。ずっとやってみたかったんだけど、なかなか一人で行く勇気がなくて。そしたら同じ宿で友達になった人も興味あるって言うから、一緒に行ってきました。二人して後ろの方でヘンテコだったけど、地元のおじちゃん、おばちゃんに交じって気持ち良い時間だったなー。
中国の年配の人たちは、みんな本当に体を動かすのが好きみたいで、いろんなところで、いろんな時間に運動してる。太極拳はもちろん、卓球、バトミントン、マラソン、体操。最近はやってるみたいで、やたら社交ダンスも多い。あと、夕方の公園でエアロビしてるおばちゃん集団もいるみたい。俺は会ったことないけど。


さて、明日には昆明発って、中国の田舎町を回りながら南下していって、ラオスを目指していきます。ここからはかなり濃い中国をみれそうで、すごく楽しみ!ネット環境が整ってたら、頑張って更新していくぞー。良い写真が撮れますように。。。



スポンサーサイト

バイバイ上海

写真 1CIMG0623_convert_20080723124421.jpg

写真 2CIMG0639_convert_20080723124454.jpg

写真 3CIMG0644_convert_20080723124310.jpg

写真 4CIMG0645_convert_20080723124529.jpg

一週間いた上海とも今日でさよならです。
上海の街並みとか、雰囲気とか好きだなー。後半なんて特にどこ行くわけでもなく、ずっと街をブラブラしてたけど面白かったねぇ。
そんな中でもやっぱり色んな発見や出会いがある訳で。。

写真1 ホテルはこんな感じ。毎日人が入れ替わり、とにかくだまってても出会う。好き嫌いがあるだろうけど、俺はこの感じが大好き!どこから来たの?出身は?ここにはどれくらいいるの?次はどこいくの? 色んな国の人と出会うよ!

写真2 上海で見つけた日本料理屋さん。結構日本料理のお店はあるんだけど、高い!でもここは安い!味もそこそこいける。本場中華も美味しいけど、やっぱり油がねぇ。毎日は食べれない。そしてやっぱり食べ慣れた日本料理が美味しい。3日連続で通いました。名前からいって店内のBGMはさぶちゃんがかかってると思いきや、なぜか毎回キロロでした。店員の女の子もすっかり覚えちゃったてるみたいで、メロディを口ずさんでてなんか笑えた。

写真3 上海に来て最初の2日間一緒の部屋だったメンバー。日本人、中国人、韓国人。日本人のこはこれから上海で就職するんだって。イカした旅の情報をかなり持ってて、話しててすごい面白かった。ほかの2人もいい感じで、就職で上海に残る日本人のこ意外が今日上海を出発するということで、昨日みんなで集まって、再会を誓う最後の晩餐をしたよ。

写真4 オランダ人のディック。西安のホテルが一緒だった。そしてなんと、上海のホテルも一緒!俺の4日後くらいに上海に来たんだけど、エレベーター前で再会した時はさすがにテンションあがったね!こいつはとにかくノリが良くて面白いやつで、西安でも夜遊びを一緒にしたけど、上海でもやっぱりそうなった。昨日飲み過ぎて爆睡してるところを無理やり起こしてハイ、チーズ!これからお互い違うルートになるから可能性は低いけど、またどこかの街のBarで一緒にビールを飲めたらいーなー。

こんな感じで楽しい上海Lifeでした。

さてさて、これから昆明まで40時間の列車の旅です。ってか、昆明バス爆発あったじゃん!!超ビビるんですけど。。。でもそんなこと言ってたらオリンピックを控えた中国なんてどこも行けなくなっちゃうから、前進あるのみ!!!
文庫本とカップラーメンとお水を買い込んで、行ってきまーーす!!!!


上海上陸!!!

写真 1 CIMG0505_convert_20080718160211.jpg

写真 2 CIMG0508_convert_20080718160302.jpg

写真 3CIMG0544_convert_20080718160342.jpg

写真 4CIMG0548_convert_20080718160416.jpg

窃盗未遂事件からも立ち直り、無事15時間の列車の移動を終えて、上海に到着しました(写真1)。
いやぁ、上海いーね!街並みは綺麗だし(写真2)、しっかり昔ながらの上海も残ってるし(写真3)、なんとなく北京、西安に比べてあかぬけてる雰囲気がして、俺は凄い気に入ったなー。
さすが港町というか、昔から海の玄関口だっただけあって、いろんな国の建物や人がいてブラブラしてるだけで楽しい。
ホテルも、清潔だし酒飲みが多いしで、楽しいーよー。
さて、次の国、タイまでどうやって行こうか色々考えてたんだけど、せっかくだから陸路で行くことに決定!
まずは昆明までまたまた列車で移動(38時間!!!!)して、そこからラオスの首都vientianeまでバスで移動(40時間!!!!!!!)して、そこからタイ、ノンカイへバス(すぐらしい。)で入るルート。さすが陸路移動だけあって、乗り物の乗車時間の長いこと長いこと。でも初の陸路での国境超えは楽しみでもあり、不安でもあり。。
ってことで、上海〜昆明までのチケがいっぱいでなかなか取れなかったため、しばらくは上海暮らしです。
頑張って少しでも多くの中国語を覚えたいと思いまーす!

写真4。紙切り絵で俺の横顔を作ってくれたおばあちゃん。実物より男前に切ってくれたのと、笑顔がかわいかったから記念に1枚。



窃盗未遂

にあいました。今さっき。
電車の時間までかなりあったから、市内をブラブラしてたら急に腰周りが軽くなった。見てみるとデジカメがないじゃない!!!超焦って辺りを見回したら、前を歩いてるやつの手に俺のデジカメが!!速攻ダッシュして奪い返して、とりあずスーパーむかついたから肩パン一発かまして、てめぇこらー!とか言ってたら、仲間らしきが出てきちゃった。何故かお前が悪いてきな事いってきて、ここでけんかは間違いなくよくないだろうし、とりあえず物は取り返してるから、膨れっ面でその場から立ち去ったけど、その後もとにかく腹が立つのと、初めてのスリとで、完全に気持ちが高ぶってたから、とにかく歩きまくってスタバで一服して落ち着いた。
とにかくすぐに気付いて取り返したからよかったけど、そうじゃなかったら相当くやしかっただろうね。
まぁたしかに俺も無用心なところがあったから、これを教訓にこれからはもっと気をつけようと思ったしだいです。
それにしてもスリの手口の鮮やかなこと。ナイフみたいなのでスパッ!だもんね。
あと、とっさの時ってやっぱり日本語がでるみたい。
あ!もうこんな時間だ!15時間揺られに行かなきゃ~!

西安だぞーー

兵馬ようCIMG0428_convert_20080713223345.jpg

華山 1 CIMG0467_convert_20080713223629.jpg

華山 2 CIMG0475_convert_20080713223831.jpg


えーと。なにから書こうか。。
まずは北京〜西安の寝台列車について。11時間ってゆうロングな乗車時間だったけど、俺は全然好き。だって、基本的に車とか電車とかって、乗ってて眠くならない?だけど大抵の場合は寝ちゃいけない状況が多い。でもこの電車は当たり前だけど、寝るための電車。あの心地よい揺れの中で寝れるなんて。しかもベッドで。最高に気持ち良かったです。
さてさて無事に西安に着いて、とりあえずその日は市内探索。この街って周りを城壁で囲まれてて、なんかリアルドラクエ世界みたいで面白い。
次の日には兵馬よう見に行って、今日は華山行ってきました。
兵馬ようはまあ写真とかでみてたから、あー、なるほどねぇって感じだったけど、華山の方は自然の圧倒的スケールに完全にやられた。2000m以上の山なんだけど、断崖絶壁の超絶景!写真じゃわかりにくけど、最高にナイスビューでした。
さてさて、西安のホテルなんだけど、いろんな国の旅行者が集まる安宿に泊まってて、barやらレストランとかあって、北京のホテルより全然面白い!毎日いろんな国の友達ができていく感じ。
着いたその日もbarでルームメイト(デンマーク人)と飲んでたら、あれよあれよ言う間に10人位で飲んでて、そのまま中国のクラブデビューしてきたよ。その日に会った全然違う国の人たちが、一気に仲良くなっちゃうんだから、やっぱりお酒って偉大だ。そしてやっぱりダンスは世界共通だと思った。踊りやってて良かった!
まあそんな感じで英語パープリン、中国語もっとパープリンなりになんとか楽しく過ごせてます。
あしたは15時間列車に揺られて、次の街上海に向かいます。んーー、爆睡の予感。。
それにしてもやっぱり中国人ってマナー悪いね。車の運転もそうだし、平気でゴミすてまくってるし。ご飯はすごい美味しいのにねぇ。

とりあえず

ちょこっとだけど、写真アップしてみます。
                             CIMG0276_convert_20080710172106[1]
まずは成田での一枚。この見送りがなかったらどれだけ寂しいスタートになったことか。仲間がいつもと変わらないテンションで送ってくれたから、最高のスタートがきれました!

これは万里の長城。斜面半端じゃなくキツイ!曇ってたけど、涼しくてちょうどよかった。この時期晴れてたら、暑過ぎてとても登れなかったと思う。1.jpg

北京といえば!!
天安門広場にて。うしろの天安門にはもちろん毛沢東!
CIMG0276_convert_20080710172106[1]

                  CIMG0322_convert_20080710173038.jpg
       これは紫禁城。とにかく広くて、一日で回るのは大変!

これがフートンの風景。観光地にもなってるから観光客もがんがんいるんだけど、地元の北京の人たちも普通に生活してる。道が細かく入り組んでて、まるで迷路。ボケーっと歩いてると迷子になっちゃうよー!
                    CIMG0363_convert_20080710173244.jpg

麻雀はもちろん、よくわからないゲームをしてる。
CIMG0383_convert_20080710173405.jpg
やってる本人たちよりも周りのヤジ馬たちが騒がしい。


                        CIMG0407_convert_20080710173500.jpg
天壇。明朝時代に皇帝が天に五穀豊穣をお祈りしたところなんだって。ここだけじゃないけど、昔は実際にそこに人がいて、生活してたと想像するとおもしろく、タイムスリップしてみたくなる。


今回はとりあえずこんなもんで。これからも頑張って旅ってきます!
そして、みんなコメントありがとう!次に進むパワーをもらえます。時間に余裕がある時にはなるべくコメント返していこうと思います。
では、今から西安へ。11時間の列車の旅。ちょっと緊張。行ってきまーーーーす!!

北京part2

万里の長城登りました。
北京ダック食べました。
西安門行きました。
その他色々思いっきり観光してます。

ただ一番面白かったのは、フートンという昔ながらの北京の生活が残ってる小路。
もちろん歴史ある建造物には圧倒される凄さがあるけど、昔ながらの市民の生活を見る方が、今のリアルな北京が見れる感じがするから俺は好きです。
明日の昼間、もう1度ブラブラ入ってみよう。
でも中国語は発音が難しくて、全然通じない。でも頑張って話してみよーー
それにしてもこの街は過去と現在がごちゃごちゃしてて面白い。

いまいち写真のアップの仕方がわからないので、写真はもうちょっと待ってください

一カ国目、中国、北京

さぁいよいよ始まっちゃったぜーーー
ってことで、中国は北京にきています。
まずは、暑い!暑い!!歩いてて汗がとまりません
前を歩いてるオジサンのシャツなんか、汗かきすぎて、サッカー選手が中東で試合した時のユニフォームみたくなってた。すっけすけ
あとは、やっぱりでかいね道も建物もなんか、さすがに中国のでかさを感じます

基本的に移動はタクシーなんだけど、ここの運転の荒いこと荒いこと日本だと歩行者優先だけど、こっちでは完全に車が主役な感じ。クラクション鳴りまくりの、車線変更しまくりの。それでも事故ってないから、運転うまいんだなぁって、妙に感心をしちゃうんだよね。
あ、今日の出来事。
昼飯食べてる時。そこの店は禁煙でした(今北京でも相当禁煙の場所が増えてきてるらしぃ)。でもみんな関係なく吸ってました。もちろん灰皿ないから、どーすんだろーってみてたら、空いたお皿に灰を落としてました。
さすがだよねーさっそく俺もならってたばこ吸ってみました。でもさすがにお皿に灰は落とせなく、携帯灰皿で処分しました。

さぁ、もうしばらく北京みてから、次は西安にむかいます列車で11時間以上だって
それでは、また次の街でー

ps.出発前に送別会やってくれたみんな、電話くれたみんな、メールくれたみんな、本当に本当にありがとうございました。仲間に支えられている自分を改めて感じました。まずは無事に旅を終えて、またみんなに元気な顔を見せることが最低限の恩返しだと思っています。謝謝
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。